小西良弘 ・ K-Laboratory

 

 

 
私の経験と抱負 小西良弘
小学校のころ、鳴らなくなったラジオを、あちこちさわっていると急に鳴り出したのが面白くなり、また「電波技術」に投稿して鉛筆を賞にもらったことが、京都大学の電気工学教室に入り、そしてNHKに入社した動機の一つとなっている。
 NHKに入ったのは、ちょうどテレビ放送が始まるころで、夜中にTV送信機を調整しながら、電波の一方通行の役割を果たす、サーキュレーターがあれば調整が楽だと常に思っていた。これが集中定数サーキュレーターを発明した動機となり、後に紫綬褒章を頂いた。

 1965年頃から世界中で衛星放送を行なう提案がなされ、私もその受信機開発に取り組み、画期的な低雑音受信機を開発した。これを用いた米国NASAとNHKとの共同受信実験のプロジェクトリーダーをまかされ、CTS実験衛星を使って、60cmのアンテナによる空からのTV映像受信に世界ではじめて成功した。そしてこれが今の衛星放送につながっている事は、私のひそかな誇りである。
 その後、ユニデン株式会社の副社長当時、米国ではCATVの番組分配のために衛星通信の受信機が普及しつつあり、全米の受信機シェアの60%をしめる第一位におどり出たうれしい経験もある。また、当時マイクロ波に用いられる新しいセラミック材料が次々と開発されており、それらを用いた部品の開発を行い大量生産に成功している。

 1994年にはIEEEのMicrowave Career Award受賞の栄を浴した。
 私は特に新しい材料を用いて新しいものを作り出すのをひとつの理念・方針としており、これは京都大学時代の阿部先生の材料の講義などが、いまだに私の中に生きていると感謝している。また、当時たまり場での友人たちと過ごした自由な青春の時間は、その後多くの発明を生んだ私の創造力に結びつく人生の宝であると思っている。

 1994年以来東京工芸大学の電子工学科教授として、学生に常に自分で考える教育を行なってきた。
 2010年には日本で120兆円、世界では500兆円という大規模なマルチメディア時代が到来し、無線技術は50兆円産業となり恐らく世界経済のリーダーシップを取っていくであろう。衛星や月からの太陽電池による無公害な宇宙発電とその伝送も、マイクロ波の大きなプロジェクトとなる。人間と電磁波、生体と電磁波との関連、地下レーダーなどのセンサー、更には新しい周波数、たとえばテラヘルツ帯の開発が必要である。そして以上の技術をささえる新素材の開発、無線技術と他の工学との融合技術など、非常に多くの技術の開発研究が必要になる。21世紀には無線技術も、技術と感性との調和のある人類社会にむけて大きく貢献するであろう。私はこれらの開発をになう若手技術者の育成のために、マイクロ波技術における考え方・発想法というテーマで、産業界で過去3年間講座を開いてきたが、これからも発展的に続けるつもりである。我々のノウハウを次世代の一人でも多くにトランスファして、日本の知的財産を築いていき、21世紀の世界に向けての技術のリーダーシップをとっていただきたいのが願いである。